皆様 へ

日本の外来憲法を日本国民が改正することは正当で当然だが、先ず外交に於いて、遠慮を美徳とする日本人の愚かな観念を切り捨て、国際法で徹底的に闘うべきです。 そして日本帝国に属する台湾の国際地位が正常化すれば、尖閣も南海諸島も台湾に属し、台湾は日本に属して南海、尖閣問題は解決します。同様に竹島、北方四島も、処理権と義務ある米オバマ大統領を引き出して解決させることです。国際問題は、力では無く、国際法で解決すべきと大声で主張いるのは米国ですから日本国民も、オバマの訪日期間を利用して大声で台湾の日本返還を訴求して下さい。

「大日本帝国領土の完全復帰」を米政府に訴求せよ!
1.    日米太平洋戦争終結の1945年から既に68年の歳月が過ぎ去った。  日本国固有の領土である、北方領土、竹島、台湾、澎湖、及び新南諸島、は未だ完全に日本国に復帰されていない。国際法理に基づけば、主要戦勝国の米国は、積極的に日本領 土の復帰と正常化に手を貸す権利と義務がある。
2.    日本国民も国際法理と国際条約を徹底的に理解し、日本国に属するべき領土の復帰の為、積極的に米国と法理的交渉すべきである。
3.    本土台湾人も国際法理を理解し、台湾が日本の台湾である事実を潔く受け入れるべきで、中華民国亡命政府の欺瞞と陰湿な手段で台湾地位の真相を隠して本土台湾人を政治煉獄に陥れたこの苦境から一刻も速く脱却できるよう、中華民国亡命政権の台湾占領終結を米国に強く要求すべきである。
4.    中華人民共和国と亡命中華民国の両政権に向かって忠告する。 誠実に国際法理を遵守し、自国民に国際法に違反しない教育を施し、身勝手な外交挙動を起こさないよう強く要求する。 そして、世界の平和と安定に貢献できる環境造りに貢献して欲しい。

台湾地位正常化促進会
黄恵瑛   2014年4月23日


大橋 武郎 <t-ohashi@khf.biglobe.ne.jp>

日本があぶない・

皆様 へ 

日本の国を護る事についての最も基本的な事の再確認です。是非御覧になって下さい。
                                            大橋武郎
https://www.youtube.com/watch?v=pBKCAQE_fmw

Googleで「なぜ憲法を変えなければならないのか」で検索されても、当該動画にアクセス出来ます。